■プロフィール

宮本 さとし

Author:宮本 さとし
1955年和歌山市生まれ。
京都産業大学卒。
大学時代のサークル活動: 学生セツルメント(生き方の原点になりました)
総合電機器機商社(カナデン)に20年勤務。
北青葉台こども会会長、加賀田サッカークラブ育成会会長、石仏小PTA会長、加賀田中学校PTA役員など
98年市会議員に初当選。
河内長野日本共産党市会議員
家族:妻、一男(近くに住んでます)、一女
趣味:下手ですけどテニスにはまってます(週二回程度夜中にやってます)
若いときには、登山、スキーなど!

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■フリーエリア
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
スーパー北青葉台コノミヤ店 横断歩道とバス停
北青葉台コノミヤ前の横断歩道が8月末に完成

地元のみなさんのご努力とコノミヤさんの積極的な協力が実りました。
6月議会でも当局より8月中には設置の計画と答弁があったものです。
CA3I0480-2.jpg

塗料が途中でなくなった?
ただ一つ疑問!横断歩道の手前には横断歩道がありますよというマーク◇が
二つ道路に示されます。ところが北青葉台のぼり方面には描かれたのですが
下りの方には描かれていません???   
市を通じて警察の方には申し入れをしました。
「描きます」とは返事をいただきましたがなぜこんなことになるのかは不明(>_<)

北青葉台コノミヤ前バス停 検討を具体化
 また、北青葉台コノミヤ店前にバス停をとの地域のみなさんからの要望に
コノミヤさんが前向きに協力。
南海バスの方にはわたしたち議員団からも要望していました。
市が中に入りコノミヤと南海バスで検討が進められています

12日の金曜日には実際にバスをコノミヤ横の停留所となるべきところに移動させてみて
運転に支障がないのか、地盤は大丈夫なのかなど検証します。

まだ課題はありますが一歩二歩前進したといえるでしょう。

尚、青葉台からの三日市方面へのバス停は場所がなく、
青葉台方面へのバスだけの検討です

地域情報 | 23:07:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
南花台西小学校跡地にかかわる高野山大学教育学部の新設について
突然浮上した高野山大学教育学部(新設)の誘致話

DSCN4448-2.jpg

昨日の代表質問における当局の答弁も併せて整理すると

これまで市が示してきた計画案では 公民館機能を含む地域コミュニティや
生涯学習の場としてまた民間事業者の入居や体育館、プールを活用した
スポーツ機能を有する複合施設として検討されていました。

しかし地元住民からは市民プールの運営など住宅内の車の渋滞の問題、
また現在ある公民館をなくすことなどに対して様々な課題が持ち上がっていました。
(当局は公民館の移転と表現していますが、実態はその機能は同様のものでも
有料化されることなど公民館とは別のものであり、実質今の公民館はなくすことでした)

そこに高野山大学側から7月中旬に教育学部の新設で跡地を全面展開したい
との意向が示されたようです。
それまでに高野山大学側とどのような検討があったのか、
また他の大学とはどれほどのコンタクトがあったのかなかったのかは
今のところわかっていません。

一ヶ月あまりかけ、実現性を検討した上で、9月1日両者間で具体的な
検討に入ることが確認されたとして情報が入りました。
(文科省の認可が必要ですので決定したわけではありません)


概要は 新設教育学部 教育学科(仮称) 入学定員1学年100名・計400名
  小学校、幼稚園、保育園、支援学校の教員免許資格取得
   平成28年4月開設予定

現在ある「ふれあいプラザ」は現状のまま残す 
地域の防災倉庫は大学内に整備する
市民プールの移設はなくなり、烏帽子型公園プールは当面維持する(将来的には不明)
南花台公民館は存続、土地建物が譲渡されるか貸与されるかは未決定
11月に開かれる委員協議会でさらに詳細が明らかになるようです

これまで検討を進めてきた各団体や地元への丁寧な説明が求められることや
今、教育学部の新設の認可に見通しがあるのか素朴な疑問も出てきます
また、これまで大学などの教育機関を含め広い範囲において検討を進めてきたとありますが
果たしてどこまで検討されていたのかなども疑問です。

いずれにしても4年生大学が誘致されることは前向きに評価したいところですが
疑問点や様々な新たな課題もあり
これからも市民の声に耳を傾け当局に意見や要望を示していたいと思います

地域情報 | 09:26:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
スーパーコノミヤ青葉台店
耳寄り情報
スーパーコノミヤ青葉台店前横断歩道の設置
8月末までに!


6月議会個人質問で市当局の答弁

「この場所は、市としても対策の必要性を感じている。
現在、河内長野警察署から府警に対しても上申し、
8月30日までに設置することになった
 ドライバーへの注意喚起についても看板設置や効果的な方法など
検討していきたい。」 との主旨で答弁がありました。

DSCN3958-2.jpg

 横断歩道の設置については地元のみなさんからのご要望や、
スーパーコノミヤさんも独自で警察に対して要請していただくな
ど積極的に動いていただいていました。関係するみなさんの
ご努力が実りそうです。
 
 ドライバーのみなさんには若干のストレスにはなるかもしれ
ませんが、横断者の安全のためにも町ぐるみでの協力がい
ただけるよう願いたいと思います。

地域情報 | 23:41:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
住宅型有料老人ホーム 北青葉台にも!!
住宅型有料老人ホーム

 北青葉台 郵便局正面に住宅型有料老人ホームの計画が上がっていることがわかりました。
その横にはいずみ生協が運営する介護型有料老人ホームアイメゾンがあります。
計画における標識によると49部屋 3階建て 開発事業者は(株)アセット不動産です。
建設日程など詳細はまだ不明です。

DSCN4199-2.jpg

 介護型有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの違いは
前者は介護保険制度にある特定施設入居者生活介護に指定された、
介護サービスを義務付けられた有料老人ホーム。
食事をはじめとした健康管理、掃除や洗濯、入浴、排泄など日常生活において
介護サービスが提供される施設です。

後者は食事などのサービスが付いた住宅ですが施設内に介護スタッフが常駐
していません。そのため、施設内で提供されるのは食事サービスと最低限の
清掃といった身の回りのことや、緊急時の対応だけとなるのが一般的です。
要介護になった場合、外部の介護事業所から介護サービスを提供してもらいます。
その場合、介護サービスは別途有料となります。
DSCN4195-2.jpg
 
この4月にはもと「スーパーやまもと」後に小規模特養がオープンしたばかりですが、
河内長野の場合、4月末現在で特養(特別養護老人ホーム)の待期者は338名、
うち緊急度の高い方は156名
となっており1年前よりは若干減少しています。
 
しかしこういった特養入所待期者の一時的な受け皿となっているのが、
住宅型の老人ホームやサービス付き高齢者住宅などで、国の誘導もあります。
市民にとってその違いがわかりにくくなっていることも問題です。
いずれにしても入居者や地域にとっても安心できる施設(住宅)となることが求められます。

地域情報 | 23:34:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
スーパーコノミヤ北青葉台店
スーパーコノミヤ 北青葉台店がオープン!

4月17日にスーパーコノミヤが生協加賀田店舗の後に開店しました
地域の身近なスーパーとして営業を続けてほしいと思います

開店前から利用客の安全面について、コノミヤの方にもすでに依頼していますが
向かい側にある駐車場と店舗との間を移動される買い物客にとっては
坂道の道路を横切らなければならなく、大変危険な状態が続いています
そのことはコノミヤさんがわも充分認識していただいており、
今警察に横断歩道の設置を要請しているところです。

DSCN3958-2.jpg

4月24日には市にも要請し、現状を視察していただき25日には
河内長野警察に要請していただいています。
まだ設置が約束できる状況ではありませんが協議にはついていただいているようです。
とにかく事故が起きる前に可能なことは対処しておく必要があります。
横断歩道の整備ですべてが解決するわけではもちろんありませんが、
取り急ぎ、まずは横断歩道が早く設置されるよう頑張っていきます。

 生協店舗がなくなり約一年近くなるため、道路を走る車がわも、
人の横断があることを忘れがちで最近スピードが出ているように思います。
事故が起こらないよう人も車もお互い充分気をつけたいものです。


地域情報 | 23:10:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。