■プロフィール

宮本 さとし

Author:宮本 さとし
1955年和歌山市生まれ。
京都産業大学卒。
大学時代のサークル活動: 学生セツルメント(生き方の原点になりました)
総合電機器機商社(カナデン)に20年勤務。
北青葉台こども会会長、加賀田サッカークラブ育成会会長、石仏小PTA会長、加賀田中学校PTA役員など
98年市会議員に初当選。
河内長野日本共産党市会議員
家族:妻、一男(近くに住んでます)、一女
趣味:下手ですけどテニスにはまってます(週二回程度夜中にやってます)
若いときには、登山、スキーなど!

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■フリーエリア
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
たつみコータロー 当選!
日本共産党とたつみコータローへのご支援ありがとうございました

 自公政権が復活して初めての国政選挙となった第23回参議院選挙は21日投・開票されました。日本共産党は、比例代表で山下芳生=現=、小池晃=前=、紙智子=現=、井上哲士=現=、仁比聡平=前=の5議席を確保しました。
 選挙区では、東京で12年ぶりに吉良佳子、京都で15年ぶりに倉林明子、大阪でも15年ぶりに辰巳孝太郎の新人3氏が大激戦を制し、日本共産党の議席を獲得しました。
 これによって日本共産党は非改選の3議席とあわせて11議席となり議案提案権を得ることができました。
 
また沖縄選挙区では、日本共産党が推薦した糸数慶子氏=現=が自民党を打ち破って3選を果たしました。

日本共産党は今度の選挙で自民党と正面から対決し、四つの転換という
ことを訴えてたたかいました。
 一つは国民の所得を増やして景気回復をはかる。
 二つ目は原発ゼロの日本を作ろう。
 三つ目は憲法を守り、生かした平和日本を。
 そして四つ目にアメリカいいなり政治をただそう
という四つの転換です。この訴えが国民のみなさんにこれまで以上に浸透
できたものと思います。
 
 また今まで共産党へのご支持でない方も含め、今の自民党の政治にたいして、消費税の大増税の問題にしても、憲法9条の改定の問題にしても、原発再稼働の問題にしても、ちょっと危ないと思う危機感や不安感が少なくない国民のみなさんの中に広がっています。そんな中自民党の暴走にブレーキかけれる頼りになる党として今後も大いに力を発揮していきたいと思います。
 
 これからも国政でも市政でも住民のみなさんの声を力に住みよいまちづくりへ全力尽くしていきます。よろしくお願い申しあげます。
河内長野市大阪選挙区選挙結果
2013参議院選 選挙区1-2

(投票率)
今回(H25.7.21)の結果 54.17 %
前回(H22.7.11)の結果 57.35 %
比例代表選挙は、6.222票
関連記事


その他 | 11:36:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。