■プロフィール

宮本 さとし

Author:宮本 さとし
1955年和歌山市生まれ。
京都産業大学卒。
大学時代のサークル活動: 学生セツルメント(生き方の原点になりました)
総合電機器機商社(カナデン)に20年勤務。
北青葉台こども会会長、加賀田サッカークラブ育成会会長、石仏小PTA会長、加賀田中学校PTA役員など
98年市会議員に初当選。
河内長野日本共産党市会議員
家族:妻、一男(近くに住んでます)、一女
趣味:下手ですけどテニスにはまってます(週二回程度夜中にやってます)
若いときには、登山、スキーなど!

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■フリーエリア
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
柳原白蓮(びゃくれん)と河内長野
柳原白蓮(びゃくれん)と河内長野の風景 再展示!

NHK連続テレビ小説「花子とアン」が話題になった、
ヒロインのモデル、村岡花子と「腹心の友」柳原白蓮(びゃくれん)。
その白蓮が1951年に当時三日市村を訪れ
河内長野の風景を短歌に詠んでいます。

byakurenn.jpg

7月20日から9月23日にかけて河内長野市立ふるさと歴史学習館
(くろまろ館)で特別企画をおこなっていました。
当ブログでも紹介しましたが、2ヶ月あまりで同館を訪れた方は
市内外合わせ3千917名でした。昨年一年間の入場者数が
5千772名でしたからその関心度が伺われます。

また、くろまろ館では館長はじめボランティアの方など
スタッフのみなさんが丁寧に展示説明をしていただき大変好評でした。
 
 そのためかどうかはわかりませんが、10月22日(水)~24日(金)
くろまろ館に展示された内の一部ですが
直筆の短歌や色紙などラブリーホールで展示されます見逃された方は是非!

また、これだけ人気がでた展示だったのですから
ラブリーホールでの再展示もいいことだとは思います。
しかしせっかくの機会ですから
もっと一般のかたへのアピールとして
くろまろ館近くに11月29日オープンする「くろまろの郷」のビジターセンター内で紹介し
くろまろ館や河内長野をPRするツールの一つにすれば
ラブリーで展示するよりも もっと広がりをつくることができると思うのですが。
担当課に提案はしておきましたが・・・・。

関連記事


未分類 | 00:09:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。