■プロフィール

宮本 さとし

Author:宮本 さとし
1955年和歌山市生まれ。
京都産業大学卒。
大学時代のサークル活動: 学生セツルメント(生き方の原点になりました)
総合電機器機商社(カナデン)に20年勤務。
北青葉台こども会会長、加賀田サッカークラブ育成会会長、石仏小PTA会長、加賀田中学校PTA役員など
98年市会議員に初当選。
河内長野日本共産党市会議員
家族:妻、一男(近くに住んでます)、一女
趣味:下手ですけどテニスにはまってます(週二回程度夜中にやってます)
若いときには、登山、スキーなど!

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■フリーエリア
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
御嶽山の火山噴火
哀悼の意を表します

 9月27日 御嶽山の突然の噴火によって犠牲となられた方々に
深い哀悼とともに、被害者のみなさまにも心からのお見舞いを申し上げます。
また、昼夜問わず極めて厳しい環境の中で活動されている山岳救助隊や消防、
警察、自衛隊員はじめ関係者のみなさんには頭の下がる思いです。

DSCN4806-2.jpg
写真は30日12時NHK TVより

 私も若い頃ですが北アルプスなど多くの夏山を経験してきました。
御嶽山は冬のスキーではたびたび出かけましたが登ったことはありません。
山は仲間と登るのもまた一人で登るのも好きでした。でも一歩間違えば
大きなリスクを抱えていることも事実で、それなりの装備と知識が必要
なことは言うまでもありません。ただ、私も火山に対する構えなどは
今から思えば全くなかったと思います。

 気象庁は全国で過去1万年以内に噴火を起こした火山など110を
「活火山」と指定し、そのうち御嶽山や富士山など47火山を24時間
監視する体制をとっているそうです。

しかし、火山にはそれぞれの特徴があり、噴火の予測は大変難しい
といわれています。私たち人類は火山にしろ地震や台風、豪雨など
自然の力の前にまだまだ無力です。しかしそこでおこる災害を少しでも
小さくしていくのは政治の力だと思います。予算が少なかったから、
観測態勢や人員が少なかったからなどということにならないように
しなければなりません。
 
 日本は、世界にある火山の約1割が集中している火山国だそうです。
今、火山被害の危険が指摘されている九州電力川内原発の再稼働など
とても信じられない話です。

関連記事


その他 | 17:03:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。