■プロフィール

宮本 さとし

Author:宮本 さとし
1955年和歌山市生まれ。
京都産業大学卒。
大学時代のサークル活動: 学生セツルメント(生き方の原点になりました)
総合電機器機商社(カナデン)に20年勤務。
北青葉台こども会会長、加賀田サッカークラブ育成会会長、石仏小PTA会長、加賀田中学校PTA役員など
98年市会議員に初当選。
河内長野日本共産党市会議員
家族:妻、一男(近くに住んでます)、一女
趣味:下手ですけどテニスにはまってます(週二回程度夜中にやってます)
若いときには、登山、スキーなど!

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■フリーエリア
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
河内長野市小学校校長 公募!
なぜ今 公募校長?!

 大阪府は毎年マネジメント能力やリーダーシップ等に秀でた
熱意・情熱のある人材を幅広く募集するためとして大阪府立学校校長、
大阪府公立小学校任期付校長を募集していますが河内長野市も任期
付校長の登用を来年度希望し、府が他の5市(寝屋川市、門真市、四
條畷市、交野市、東大阪市)と併せて一般公募をおこなうと発表しました。
 
 近い将来の南河内地区全体の管理職不足等の課題の中で、民間人
校長の登用についても、可能な限り足並みを揃えて対応していく考えで
あり、今後3年間、河内長野市で民間人校長を登用し、学校運営上の
課題を検証していくとあります。

 しかし今民間人校長で何を検証しようというのでしょうか。一般公募で
登用される管理職に不祥事も相次いでいます。むしろ管理職不足の原
因こそ検証すべきではないでしょうか。教員の中でこれから管理職を目
指す年代の絶対数が少ない。さらに管理職を目指そうとする教員が少
なくなっているなどの事態がどうして起こってきたのか、その原因は何
なのか、反省がないこと自体が問題です。
関連記事


その他 | 23:57:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。