■プロフィール

宮本 さとし

Author:宮本 さとし
1955年和歌山市生まれ。
京都産業大学卒。
大学時代のサークル活動: 学生セツルメント(生き方の原点になりました)
総合電機器機商社(カナデン)に20年勤務。
北青葉台こども会会長、加賀田サッカークラブ育成会会長、石仏小PTA会長、加賀田中学校PTA役員など
98年市会議員に初当選。
河内長野日本共産党市会議員
家族:妻、一男(近くに住んでます)、一女
趣味:下手ですけどテニスにはまってます(週二回程度夜中にやってます)
若いときには、登山、スキーなど!

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■フリーエリア
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
河内長野市生活保護費横領事件に関して
「生活保護不正支出に関する河内長野市議会特別委員会」

5日に続き8日にも開かれました

5日の日には 当局からあらためて今日までの経過報告があり
各議員からは簡単な質疑と 資料要求がありました

日本共産党からは
「府の監査に虚位の報告」と報道されたことに関する資料や

ひとりのケースワーカー受け持つ件数が当時大幅に増えていた中での
事件であり その実態

容疑者が会計、システム、ケースワーカーを兼任するような事態になったが
庁内的な人員配置の問題 等々に関する資料提出を求めていました

事件そのものは今のところ組織的な犯罪ではなく、容疑者本人の特異性にあった
ようですが

その大本にある こんな犯罪を2年間以上も見抜けなかった異常な組織づくりが
なされてきたことにメスを入れなければ本当の解決にはなりません

8日に特別委員会が開かれましたが、求めていた資料が会議の1時間程前に配られるなど
十分な審議にはなり得ませんでした

日本共産党の質問に対しても
提出されている資料にある数字と
実態との間に差違がある疑念もあり

当局からも 「もう一度確認する」「再度聞き取りをする」
の回答が多くなりました。

次回は25日午後一時から開催予定です。


関連記事


横領事件 | 20:47:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。