■プロフィール

宮本 さとし

Author:宮本 さとし
1955年和歌山市生まれ。
京都産業大学卒。
大学時代のサークル活動: 学生セツルメント(生き方の原点になりました)
総合電機器機商社(カナデン)に20年勤務。
北青葉台こども会会長、加賀田サッカークラブ育成会会長、石仏小PTA会長、加賀田中学校PTA役員など
98年市会議員に初当選。
河内長野日本共産党市会議員
家族:妻、一男(近くに住んでます)、一女
趣味:下手ですけどテニスにはまってます(週二回程度夜中にやってます)
若いときには、登山、スキーなど!

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■フリーエリア
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
生活保護費不適正支出に関する特別委員会
今日は午後から「生活保護費不適正支出に関する
特別委員会」の設置に関わって臨時議会開催。


私が特別委員会の副委員長に選任され、いよいよ議会としても動きはじめます。

10月29日には宮本容疑者に初めて接見できた旨の情報提供が議会にありました

10月28日 市が河内長野警察にて宮本容疑者に接見

・代表的な例を示し、件数と総額について記載した顛末書を読ませたところ
 署名・指印はしなかったものの 内容については認めた

・「悪いことをした、本当に迷惑をかけてすみません」と心境を語った

・共謀者についてはすべて否認

・動機について、「自分でもわかりません」を繰り返す

・不正額等について、「どれぐらいになるのか、自分でもわからない」
 と答えるも全額返還の意思は示した。

・資産の状況については「残高は覚えていない」を繰り返すが、いくつかの
 銀行名・支店名、株式数銘柄は答える。

といような内容です。

顛末書に署名・指印しなかったと言うことは弁護士の意向が入っていることが推察されます。
本人の全面返還の意志は示されているものの、金額で争われる可能性も考えられます。
全額返還への道のりもこれからですが、真相究明も含め慎重に
かつスピーディにすすめていきたいと思います


また10月29日付けで本人は懲戒免職した
との報告もありました。


スポンサーサイト
横領事件 | 23:17:48 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。