■プロフィール

宮本 さとし

Author:宮本 さとし
1955年和歌山市生まれ。
京都産業大学卒。
大学時代のサークル活動: 学生セツルメント(生き方の原点になりました)
総合電機器機商社(カナデン)に20年勤務。
北青葉台こども会会長、加賀田サッカークラブ育成会会長、石仏小PTA会長、加賀田中学校PTA役員など
98年市会議員に初当選。
河内長野日本共産党市会議員
家族:妻、一男(近くに住んでます)、一女
趣味:下手ですけどテニスにはまってます(週二回程度夜中にやってます)
若いときには、登山、スキーなど!

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■フリーエリア
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
体質改善!
高野街道まつりと財政体質改善プログラム

10月27日 歴史的・文化的な遺産が多く存在し河内長野市を南北に縦断する「高野街道」を中心に年に一度行われるイベントです。オープニングでは市長も議長も挨拶のほとんどを市職員の横領事件での謝罪に。当然と言えば当然ですが、会場運営手伝う市職員に、いささか元気が無いように感じるのは私だけでしょうか。

会場周辺では手づくり「にぎわい市」・地場旬産市・日野の獅子の披露など
行われました。今日のお昼や晩ご飯用もついでにと両手いっぱい買って帰りました。

DSCN3512-2.jpg

3508-2.jpg

ところで現在市では財政体質改善プログラムというのを実施しています。

『そこで、本市では、将来の発展の礎となる強い財政基盤づくりをめざして、今回「財政体質改善プログラム」を新たに策定しました。今後も元気なまちとして持続させていくために、わがまちの魅力アップに向けて、安定した財政基盤の確立をめざしていきたいと考えています。』・・・・市ホームページ「河内長野市財政体質改善プログラムについて」より

しかし今必要なことは、結局市民負担増を求める「財政体質改善プログラム」より
職員の一人ひとりの能力をもっと引き出すと同時に、
福祉の心を取り戻し、市民生活の向上のため地方自治体本来の仕事ができる
「体質改善」こそ必要に思います。

始まる特別委員会で管理体制や任命責任含め、
本質的な問題の解明にあらためてがんばりたいと思います。





スポンサーサイト
つぶやき | 00:14:44 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。