■プロフィール

宮本 さとし

Author:宮本 さとし
1955年和歌山市生まれ。
京都産業大学卒。
大学時代のサークル活動: 学生セツルメント(生き方の原点になりました)
総合電機器機商社(カナデン)に20年勤務。
北青葉台こども会会長、加賀田サッカークラブ育成会会長、石仏小PTA会長、加賀田中学校PTA役員など
98年市会議員に初当選。
河内長野日本共産党市会議員
家族:妻、一男(近くに住んでます)、一女
趣味:下手ですけどテニスにはまってます(週二回程度夜中にやってます)
若いときには、登山、スキーなど!

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■フリーエリア
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
河内長野:道の駅 地域活性化交流拠点事業(農の拠点事業)
河内長野 地域活性化交流拠点事業(農の拠点事業)
概要がみえてきましたよ!

9月30日 河内長野市が計画している道の駅を含む地域活性化交流拠点事業の概要が示されました。8月21日にも同様のものが示されましたが、協議会の中で我が党も含め事業費が膨らみすぎではないかとの意見が相次ぎ、見直しがされました。

土地購入費はこれまで借地代を払っていたものですが、今回購入に至りました。
直売所はJAが建設運営します。工事費請負費の中にはビジターセンターやレストランの建設費、トイレ、駐車場の整備などが含まれています。

農の拠点 データー1

 日本共産党はレストランやビジターセンターの中の飲食提供や特産品等物販などのスペースは市税を投入してすすめるべきものではなく民間に建設も含め直接運営してもらえるよう 働きかけることを提案しています。

 今度の事業の最大の目的は河内長野の農業の担い手問題や休耕地対策など農業振興です。この事業が営農指導の促進や、やりがいのある農業が定着するツールとならなければ意味がありません。まだまだ課題もあり単に、箱もの作りに終わらせないよう、皆さんの意見をお聞きしながらすすめていきたいと思います。

事業中心となる場所は現在花の文化園駐車場
【例年「らく市きらく市」の開催場所・・
尚今年の開催場所は 寺が池公園11月17日(日)予定です】


農の拠点見取り図-2


農の拠点見取り図-3

資料は9月30日都市環境経済常任委員会説明資料から


スポンサーサイト
地域情報 | 16:51:27 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。