■プロフィール

宮本 さとし

Author:宮本 さとし
1955年和歌山市生まれ。
京都産業大学卒。
大学時代のサークル活動: 学生セツルメント(生き方の原点になりました)
総合電機器機商社(カナデン)に20年勤務。
北青葉台こども会会長、加賀田サッカークラブ育成会会長、石仏小PTA会長、加賀田中学校PTA役員など
98年市会議員に初当選。
河内長野日本共産党市会議員
家族:妻、一男(近くに住んでます)、一女
趣味:下手ですけどテニスにはまってます(週二回程度夜中にやってます)
若いときには、登山、スキーなど!

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■フリーエリア
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
豪雨災害
台風18号 河内長野市内でも各地で被害

☆今まで使っていたパソコンが調子悪く、だましだまし使ってきたのですがついに限界が近づき、あたらいパソコンを購入! データーの移行を行っている最中のため FBやブログのアップが後回しになってしまっています。もうしばらく待ってくださいね

今日は台風一過で青空が広がりましたが 昨日の台風の雨は各地で台風の爪痕を残しています。
雨量は 河内長野天見地区では15日・16日にかけて合計で245ミリの雨、
6日の未明では時間あたり最大34ミリの雨量を観測しています

河内長野でも2カ所で避難、昨日時点で31件の崖崩れや道路の冠水などがあったと報告がありました。

↓16日朝8時頃 少し水量が減ってきましたが このような状況でも流木が引っかかると大変なことになります
近くの方も心配されて様子を見に来られています
DSCN3330-2.jpg

DSC02793-2.jpg


↓平和橋の上流は支流が集まってきているのですごい水の勢いです
横の道路が一時冠水 住民の方も3世帯は避難、不安な一夜を過ごされました
DSCN3333-2.jpg

DSC02802-2.jpg

天見地域では川のそばにあるおうちの方は自主避難されたそうです
真夜中におこる避難の判断や手順など 
市が中心になって もうすこし決めごとをしておかなければ
現実的には困るケースも多く、いくつかのご要望もお聞きしました。
 
DSC02821-2.jpg

三角印が危険な目安とか
一時はこの印が半分まで隠れてしまっていたそうです
DSCN3343-2.jpg

↓もう少しで稲刈りだったのですが、土砂が流れ込み 田んぼも一部崩壊
DSC02848-2.jpg

↓家の際 ぎりぎりのところで崖が崩れ
人的被害がなかったのが不幸中の幸いです
雨が小降りになってきた頃に崩れたようです
崖崩れは 雨が降った後少し時間がたってから崩れるケースが多く 雨がやんだからと安心できません
DSC02841-2.jpg

地域一斉の避難訓練も必要です ただ真夜中に発生するような場合、また同じ地域でも家が建っている環境によって避難が必要なケースもあると思います。
そういったときに指定されている場所に入れるかどうか、その判断は個人の判断だけに任されるものなのかどうか・・・まだまだ課題はありそうです

今回地域で皆さんのからご意見いただきありがとうございます。
是非いかしていけるようがんばりたいと思います。
DSC02834-2.jpg















スポンサーサイト
地域情報 | 12:55:51 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。