■プロフィール

宮本 さとし

Author:宮本 さとし
1955年和歌山市生まれ。
京都産業大学卒。
大学時代のサークル活動: 学生セツルメント(生き方の原点になりました)
総合電機器機商社(カナデン)に20年勤務。
北青葉台こども会会長、加賀田サッカークラブ育成会会長、石仏小PTA会長、加賀田中学校PTA役員など
98年市会議員に初当選。
河内長野日本共産党市会議員
家族:妻、一男(近くに住んでます)、一女
趣味:下手ですけどテニスにはまってます(週二回程度夜中にやってます)
若いときには、登山、スキーなど!

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■フリーエリア
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
河内長野 岩瀬薬師寺
河内長野 岩瀬薬師寺仏像の保存修理が行われました
8月8日ご開帳で行ってきました。

DSC02749-2.jpg

河内長野市の南東に位置する岩瀬地区、その中の上岩瀬にある医王山薬師寺は、南海電鉄高野線千早口駅から北へ約300mの丘陵の中腹にあります。いつ創設されたかははっきりしません。現在は薬師寺とよばれていますが江戸時代の寺請け制度のもとでのことだといわれています。

DSC02765-2.jpg

私がはじめてこの場所を訪れたのが15年前。とても多くのみなさんに見ていただけるような状況ではありませんでした。当初は仏像の修理だけでなく、お寺の周辺の環境整備など多くの問題を抱えていました。しかしその後地元のみなさんの粘り強い運動と献身的な活動が身を結び今日に至りました。

DSC02760-2.jpg

現在、薬師寺には、本尊の薬師如来立像とその脇侍(わきじ)である不動明王立像、毘沙門天立像、眷属(けんぞく)である十二神将立像のほかに、客仏と考えられる釈迦如来立像、大日如来坐像などが安置されています。
もともと薬師寺にあった本尊と十二神将立像に加え周辺の他の堂宇が戦禍で廃されたとき、そこの仏像が薬師寺に移されたものではないかと考えられています。

DSC02762-2.jpg

8月号広報の裏表紙に紹介されたこともあって、多くの方が訪れていました
今回の修復保存の様子など冊子にまとめられています

なおこの薬師寺は通常は非公開。毎年8月8日の法要で開帳されます。

img016-2.jpg


スポンサーサイト
地域情報 | 00:42:26 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。