■プロフィール

宮本 さとし

Author:宮本 さとし
1955年和歌山市生まれ。
京都産業大学卒。
大学時代のサークル活動: 学生セツルメント(生き方の原点になりました)
総合電機器機商社(カナデン)に20年勤務。
北青葉台こども会会長、加賀田サッカークラブ育成会会長、石仏小PTA会長、加賀田中学校PTA役員など
98年市会議員に初当選。
河内長野日本共産党市会議員
家族:妻、一男(近くに住んでます)、一女
趣味:下手ですけどテニスにはまってます(週二回程度夜中にやってます)
若いときには、登山、スキーなど!

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■フリーエリア
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
河内長野市立庭球場
 テニスコートの整備
 私自身下手ながらテニスは趣味として続けています(下手ですが)ということもあって関心を持って議会でも取り上げてきました。荘園、大師コートについてはかなりひどい状況になっており、特に大師の方は根本的に改修するよう、機会あるごとに訴えてきました。
DSCN2165-2.jpg

 もともと遊水池(団地開発時に一時的に雨水を貯めるダムの役目)を利用した庭球場で、本来の目的のためにつくられた場所ではないだけに、ちょっとした手直しだけではなかなか根本的な解決につながらないのが残念でなりません。とはいっても、現状があまりにもひどすぎますので早急な改修をと訴えてきました。
DSCN2162-2.jpg

 ようやく昨年の12月議会で「平成26年度に大師庭球場、平成27年度に荘園庭球場の改修を目標に庁内協議を進めているところでございます 」の答弁を得たところです。改修工事が一日も早まるようさらに働きかけていきたいと思います。
 オムニコートの寺が池庭球場と同じ利用料はおかしい!とのご指摘も受けています。(ひび割れ箇所は一応修理はしているのですが・・・・イレギュラーボール対応の練習にはなりそうですけどね
関係あるかどうかわかりませんが、近隣市でテニスコートと言わないで庭球場と呼んでいるのも河内長野だけです
 

スポンサーサイト
地域情報 | 10:44:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
河内長野市民まつり
市民まつりに5万7千人集う
 第21回河内長野市民まつりがさる5月12日(日)寺が池公園・小山田小学校を会場に開催されました。当日は前日の雨とは打って変わっての五月晴れ。夏の日差しを感じさせる中57000人の方が訪れました。(昨年は6万人)スタッフのみなさん暑い中本当にご苦労さまでした。
 寺が池公園ステージでは音楽演奏、和太鼓、ダンス、伝統芸能、太極拳など日頃の練習の成果をみなさんの前で元気よく発表されていました。ふれあい移動動物園なども子どもたちの人気を集めていました。
DSCN2144-2.jpg
お昼前後には身動きできないほどの人盛りでした↑
DSCN2142-2.jpg
模擬店では焼きそばやかやくご飯、やきとりなど長蛇の列をつくっていましたが、テントの中でもスタッフのみなさんが汗だくになりながら大奮闘されていました。↑
DSCN2141-2.jpg
こんなのも展示されていますが思わず「安倍首相が乗ってるんですか?」と聞きたくなりました。
市民まつりになぜこの車両が展示されなければならないのか?↑

地域情報 | 10:24:14 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。